最近麻雀をするようになったのですが、なかなか役というのが難しくて覚えることができません。

大概の人がドンジャラというものをしたことがあると思うのですが、このドンジャラのルールは大概の人が分かっています。ドンジャラというのは麻雀で言う、ポンやトイツというの柄が三つ揃っている状態のものでこのような状態を揃えることは簡単にできるのですが、シュンツと呼ばれる数字が連番になっている状態もこれも一つの役となるのでそういった点が麻雀とドンジャラの違いなのです。

役がわかるようになるのが難しいのですが、比較的分かりやすい役を覚えるとその次のステップになるのが、 点の計算することです。点や譜の計算が麻雀には必要になりこれは自分の上がり手がいったい何点なのかということを計算する重要なポイントであり、ほとんどの人がここより上にステップアップするのが難しいこととされています。

役まで覚えて上がることはできるのですが、その役がいったい何点なのか親の場合子の場合、と二通りの点数を覚えなくてはいけないのです。この点数さえ覚えればいいのですが、なかなかこれが難しいものであるのです。https://www.suburbanexpress.co/