日本に古来から伝わる芸能文化は、今でも根強い人気を誇っています。

五七五などで季節や情景を楽しむ俳句や短歌などや、舞台上で演じる能や歌舞伎・狂言なども、日本の伝統文化として有名ですね。

私の知人にも古典落語を趣味として演じており、彼の公演をよく観に出かけることがあります。落語は他の芸能と異なり、道具や音楽に頼ることが少なく一人で何役も演じ、身振り手振りを交えて扇子や手拭いを使いながら物語を表現していきます。もちろん彼も例外ではなく、普段とのギャップにはいつも驚かされます。

落語には本題に入る前に、枕と呼ばれる前説のような部分があります。

本編からスタートするのではなく、世間話を交えながら自己紹介をしたり、観客の笑いや反応を確かめるためのものです。その話術はとてもスムーズで、いつの間にか本題へと導かれている自分がそこにあります。

落語は殺伐とした日常の生活から過去の時代へとタイムスリップしたような感覚にしてくれます。現在では、漫才やバラエティなどが主流となっていますが、時として日本の伝統である落語に触れてみると、のんびりとした奥ゆかしさを体感することができるでしょう。

落語は動きがあまりないので、想像力を膨らませることができます。https://www.intraligi.net/