喫煙者の肩を持つわけではありませんが、お酒をタバコを比較したとき、愛煙家が受けている制約はかなり多いのではないかと思います。

どんどんタバコの税金は値上げされていくし、喫煙はどんどん疎まれていくようになっています。

まあ、それには受動喫煙という喫煙者本人以外への健康被害が存在するからと考えることもできるでしょう。

でも、それにしても、まるで迫害と思えるほどの圧力がかかっているようにも思えてしまいます。

お酒も、決して健康に良いとは言えず、飲酒運転の厳罰化も進んでいます。

酔っ払って誰かに迷惑をかけたり、二日酔いで生産性を落としたりするという悪影響もありますが、それでもあまり厳しく言われているわけではないですよね。

お酒を飲むことの方が、理性的に考えられる時間を格段に減らすし、長年の飲酒は健康上の大きなリスクにもなります。

それなのに、タバコと比べると、どうしてこうもお酒を飲むことには寛容なのかと、ちょっと不思議に思ってしまうほどです。キレイモ ローン 手数料