マーガリンが発明されたのはナポレオン三世が、バターの代用品を公募したのがきっかけである。当時の

フランスは、ビスマルク率いるプロシアとの戦争中であった。その時、物資が不足し、特にバターが不足していた。

フランス料理では、調味料の代わりにバターを使います。「腹が減っては戦ができぬ」ような状態になり、士気が

下がりそうであった。そこで、ナポレオン三世はバターの代用食品の発明に懸賞募集をした。その募集に採用されたのが、

化学者メージュ・ムーリエの代用食品である。それは、牛脂に牛乳を混ぜて乳化させただけの単純なものであったが、発明した

本人は気に入っていた。だから、ギリシャ語で「真珠のような」という意味の言葉から取って、マーガリンと名付けました。

しかし、このマーガリンはバター特有の口の中に入れたときの芳香や風味が出なかった。彼は、バターにもっと近づけるために

試行錯誤を繰り返した。そして、彼は牛の乳腺が鍵であると考え、牛の乳腺をすり潰してドロドロにしたものを混ぜたりも

したそうです。キレイモ 予約